アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
チャンスの女神〜読書しないと損をする!〜
ブログ紹介
小さい頃から本好きで、いろいろな本を読んできました。(ただし漫画も多し)
おかげて想像力もたくましくなり、一時は作家も良いなぁ〜なんて甘いことを考えていたのですが、その想像力を今は企業家として発揮してます。
日頃思ったいろいろな事や本にちなんだ話と趣味の料理の事なんかを更新したいと思いま〜す。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
戦国の涼やかな漢(おとこ)
 童門冬二の「北の王国」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/13 00:46
これぞ大金持ち入門書!
 某古本屋サイトで見つけたのが、今回の「億万長者(ビリオネア)の教科書」で著者は渡部昇一先生と大島健伸さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 08:27
ジョン・F・ケネディやビル・クリントンが尊敬した人物
 高校時代の親友は、彼女の田舎英雄であるこの人物のことを大変尊敬していたことをふと思い出しました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/19 20:39
フランス人のライフスタイル
 吉村葉子さんの「結婚しても愛を楽しむフランスの女たち結婚したら愛を忘れる日本の女たち」    私には5歳年上のあこがれの女性がいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 07:59
一人逆境に苦しんでいる人へ〜古代エジプトの大スペクタクル〜
 今回のご紹介は、クリスチャン・ジャックの「自由の王妃アアヘテプ物語」です。    主人公の女性は、エジプトはカイロ博物館にミイラ展示されている第17王朝のファラオの セケン・エン・ラーの王妃であるアアヘテプ。    エジプトが異民族のヒクソスに占領され、王家は風前の灯火となっていた時、立ち上がったのは王女アアヘテプ。    たった一人の少女ココロザシ(エジプトの再統一)が、小さいながらもうねりを巻き起こし、仲間をふやし、着実にエジプトの奪還に成功していきます。    ちなみにセ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/11 22:19
明治の億万長者から学ぶ
 約1年ぶりの更新で申し訳ありません。    いっそ閉鎖も考えたのですが、この一年のうちにブログの機能も格段に進歩し、携帯からも更新が出来るようになっていて、これならなんとか続けられると発起しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/07 18:11
ジョン・F・ケネディやビル・クリントンが尊敬した人
 とんでもなく久々の更新です。(別に読書をさぼってたわけではないです)  今年父が亡くなり、経済的にも多少やりくりに困っていて出会ったのがこの本です。    ご存知上杉鷹山についての本なのですが、この方の名前は高校時代の親友が絶賛していたので名前だけは知っていたのですが、今回読んでみて大変勉強になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/09 09:45
おそうじはプラスを呼びます!!
 自分や身近な人の家が足の踏み場もない状態になってる人はいませんか?  そんな人には超オススメです!!それがこの本  「夢をかなえる」そうじ力です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/13 09:48
貯蓄の達人
以前から貯金に関しての事柄で名前を知っていたのですが、最近友人に薦められて読んでみたのが、「私の財産告白」本多静六著です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/09 21:12
考古学に興味がある方はオススメです
【読物-海外小説他】古代への情熱 発掘王シュリーマン自伝/全1巻 /ハインリヒ・シュリーマン/角川書  昨年だったかブラビのトロイという映画を観ましたが、このトロイを発掘したのがシュリーマン「古代への情熱」です。  映画の方はアキレスはカッコ良かったですが、トロイ滅亡の発端となる王妃がなんとも…。一町村に一人、二人はゴロゴロしてそうな亡国の美女でした。(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/05/14 08:30
大昔にアニメ化したこともあったんです
  今回ご紹介は、日本テレビで開局○○周年でアニメ化されたこともある後宮小説酒見賢一さんの小説です。  政情不安な国に父親崩御の後王位に就いたのは、まだ若い少年帝コリューンと、田舎から宮女募集でやってきた村娘を銀河を中心の物語。  銀河たちは、女大学なる奇妙な講義を受講させられ、何を気に入ったのかこの銀河が正妃になって、非常にさらりとしていてときめく恋愛物とは程遠いのですが、いかにもありそうななさそうな中国の物語で内憂外患に頭を痛める少年帝に、王妃はあっさり反乱軍を迎え撃つ後宮軍隊を組織した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/12 08:46
エッセイのような詩のような…
【読物-海外小説他】海からの贈物/全1巻 カバ少スレ/リンドバーグ夫人/新潮社/新潮文庫/文庫  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/09 22:36
PHPの本
 PHPといえば、Peace and Happiness through Prosperity(繁栄によって平和と幸福を)という意味で、コンビににも売っている小冊子ですが、このPHPの創設者がナショナルの故松下幸之助さんです。  今回紹介するのは、PHP文庫から出版されている現代講談松下幸之助 渡部昇一著です。  松下氏の生きた時代に割合近い世代の著者なので、時代背景なども踏まえて書かれたもので、20代前半の頃に随分読み込んだ書籍でもあります。  実は私の母は生前の松下さんに何度かお会いし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/06 00:16
SONYの社長から見たHONDAの社長
【読物-人物・自伝】わが友 本田宗一郎/全1巻(い33-1)/井深大/文藝春秋/文春文庫/文庫  「わが友 本田宗一郎」井深大本田宗一郎と40年来のしい祐だった井深氏の大変珍しい作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/30 07:20
ハードボイルド
 今回ご紹介は、大沢在昌のハードボイルドシリーズ「新宿鮫」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/26 13:18
ビジネスにも必要な遊び心
【読物-小説】遊び心/全1巻 傷み/大前研一/新潮社/新潮文庫/文庫 今回ご紹介するのは、経営コンサルタントをされている大前研一さんの遊び心です。  昔、漫画のパロディ小説のホームページを何年か運営していたことがあるのですが、その時ある企画として、作品を隠す―要するに宝探しの企画をしたことがあったのですが、その時、読者の方の中にちょっと不条理なクレームを言う方がいました。  その時私それに対し、世の中には「遊び心」の要素が必要だという趣旨の反論をした事がありました。  著者の大前氏は、決し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/24 22:51
たまにはドラマの原作本
つい最近関東地方で再放送されていましたが、ご存知の方も多いと思うトヨエツと常盤貴子が主演していたドラマ「愛していると言ってくれ」北川悦吏子著。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/18 20:54
自殺者を減らそう!
 今回ご紹介するのは、「永遠の生命の世界――人は死んだらどうなるか」大川隆法著です。  年間交通事故よりも多い自殺者の数は深刻な社会問題です。オーストラリアは、日本のネット心中を憂慮して、自殺系サイトの運営者に対しての罰則を設けたほどですが、自分の知り合いや家族の自殺などでもない限り無関心な方が多い中、著者は宗教家としてその流れにはっきり「NO」 の声をあげ、なぜいけないのかをはっきりと説明してます。  確かにネットを通して、また自殺マニュアルの本などを通して、不特定多数の人へ自殺をそその... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/13 23:01
21世紀は神秘の時代
「神秘の法 次元の壁を超えて」大川隆法著。  法シリーズ10冊目著者400冊目の作品。10年ちょっとで既に400冊ということで先月あたり大手本屋に足を運ぶと必ずと言って良いほど特設コーナーが出ていたベストセラーです。  内容は、西洋の底流を流れるオカルト思想、ヘルメス思想やUFOの事から、あの世のことまで神秘について書かれています。  名探偵シャーロックホームズのコナンドイルがオカルトに興味を持って研究していたことに触れていたり、ある一定の時期にあちこちで報告された現象も、ある意図があった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/12 21:49
世界一でなければ、日本一じゃない
 ぶらっと立ち寄った大手チェーン展開している古本屋で見つけたのが、このプロジェクトX挑戦者たち 制覇せよ 世界最高峰レースです。  プロジェクトX 挑戦者たち DVD BOX5 ◆20%OFF! [NSDX-6187]  日本の弱小バイクメーカーが、いきなり世界に殴りこみをかける!  国内では負け続きの中、常識では考えられない選択をしたのが、ご存知本田技研の故本田宗一郎だった。  社長が常に世界を意識して走り続ける中、22歳の新入社員にエンジンの設計を任せたりと活躍の機会を大胆に作ったり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/09 07:16

続きを見る

トップへ

月別リンク

チャンスの女神〜読書しないと損をする!〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる